知っておきたいこちら!

Q:プールや海はどうやって行くの?
A:全ての講習・ツアーが往復送迎!

実習地まで電車やバス、自分の車など、 自力で現地集合。これでナカナカ骨がおれます。早朝から時間を気にしながら、不慣れな場所での集合・・・精神的にも体力的にも疲れてしまうこともしばしば。新小岩駅(他の集合場所、東京駅日本橋口前・渋谷駅セルリアンタワー東急ホテル前など)⇔プール&海洋実習地を専用車で往復送迎しています。もちろん器材類や着替えなどの荷物も一緒に運ぶので体力的にも楽です。インストラクターが運転するため、車の渋滞や、電車の混雑という休日にありがちな悩みを解消します。

つまり、運転手付きでダイビングに行って帰ってこれる感じです。

※葛飾区・江戸川区の方は可能な限り、ご自宅の近くまで、無料送迎いたします。詳細はお問合せ下さい。

Q:1人での参加は?
A:はじめは大多数の方がお1人様でのご参加です。 ●お互い忙しく、友人や家族とスケジュールがなかなか合わない。
●思い立ったら吉日!直ぐにライセンスが取りたい!海に行きたい!
●既に友人や家族がライセンスを持っている。
●なにかと1人の方が気楽でいい。
などの理由で、お一人様で参加される方が大多数(7~8割)です。
Q:泳げないけど大丈夫? A:大丈夫です。

スクーバダイビングの場合は、タンクからエアが供給されるので、息つぎの心配が要りませんし、浮力調整ができる器材のお陰でエレベーターのように沈んだり浮かんだりがボタンひとつで簡単にできてしまいます。また、フィンをつけているので、ひと蹴りでラクに進むことができます。つまりダイビングは、泳ぎの得手不得手とはさほど関係がないのです。

もちろん泳げたほうがベターですが、泳ぎ方と水面にカラダを浮かせておくテクニックは講習中にインストラクターが丁寧に指導しますので心配はいりません。ダイビングは、泳ぐというよりも、器材の助けを借りて水中をマイペースで気楽に浮遊する、そんなイメージです。

Q:少人数制って良く聞きますが何人までのことを言うの? A:当店では1人のインストラクターに4名様までです。

当店が所属しているPADIの基準では、1人のインストラクターに対してお客様は8名までとなっています。ですが、1人1人へのスキルへのアドバイスや安全性を考慮し、当店では最大でも4名様までとさせていただいております。

「せっかくダイビングを始めてもらえるのであれば、しっかりとしてフォローをしていきたい」という考えです。

Q:カード取得後は?
A:取ってからが楽しい!伊豆・神奈川・千葉の近場の日帰りツアーから沖縄・海外リゾートツアーなど ライセンスカードの取得は手段であって、目的ではありません。美しい大自然で安全に楽しむためのスキルを身につけることが目的です。カード取得後はダイビングツアーで海に出かけましょう。当店は週末はもちろん、平日ツアーが豊富。行きたい日に行きたいポイントへ!!気軽に参加できる近場の日帰りツアーを中心に沖縄や海外リゾートツアーまで一年を通して活動しています。また当店ではプロコースまで開催できます。簡単なステップアップコースから、いずれはプロとしてリゾート地などでインストラクターとして活躍したいという方までしっかりサポートできます。
Q:シーズンは? A:ダイビングは1年中楽しめる遊びです。 イメージでは夏を連想される方が多いと 思いますが、日本のローカルダイビングスポット(近場の潜水地)は秋から冬の比較的熱くないシーズンがベストコンディションなのです。最近では完全防水のドライスーツが普及していますので真冬でも寒さを我慢することなくダイビングを始められるようになりました。当店では季節に関係ななく、1年中講習・ツアーを開催しています。
Q:寒くないの? A:気温・水温に合わせて、お貸出しするスーツを変えています。
「スーツ」と一口に言ってもその種類はいっぱいあります。水温に合わせたスーツにて、年中ダイビングを可能にします♪
夏場は、水に濡れるウエットスーツ。冬場は、身体が全く濡れないドライスーツを使用します。ドライスーツは、服を着たまま(ジャージなど)海の中へ。濡れないため貼るカイロを着用することも可能です。このように保温するので寒くありません。
Q:年齢・体力の不安は? A:ダイビングをするのに、年齢・体力はほとんど関係ありません。 ●50歳以上の方を対象に<中高年様向けコース>を開催しています。コース内容は通常のスクールと同じですが最大2人様に対して1名のベテランスタッフが専任で担当するので個々のペースに合わせてゆっくりと受講できます。またプールや海洋実習がゆとりのあるスケジュール設定になっています。
●水中では浮力を利用して、重さを感じないので、移動にはあまりエネルギーを使いません。またダイビングは1人でやるものではなく、バディと呼ばれるチー ムを組んで、協力し合いながらラクに楽しむレジャースポーツ。60代、70代の年配の方もダイビングを楽しんでいます!!
Q:視力が弱いのですが?

A:ダイビングマスクにレンズがいれられます。また、コンタクトレンズでも大丈夫です。

大丈夫ですが水中でコンタクトがずれる・流されるというリスクはあります。
自分のマスクをご購入されて、度入りのレンズを入れることも可能ですが、この場合は水から上がった後で、マスクを取ってしまうと見えなくなるなどのデメリットがあります。視力・今後のダイビングロケーションなどを踏まえてご相談ください。

市販されてるほとんどのダイビングマスクには専用の視力矯正レンズ(オプチカルレンズ)が用意されています。近視用、乱視用、遠視用に加え、最近では中高年向けの遠近両用レンズまで販売されています。

Q:器材はレンタルできますか? A:レンタル料込みの料金となっています。

まずはレンタル器材で講習をしっかり受けて、ダイバーになる。
「趣味として」、「もっとうまくなりたい」という方はMy器材を。
「まだよくわからない」「年2~3回ダイビング出来ればいい」という方はレンタル器材で続けられます。レンタル器材も手入れの行き届いた清潔な器材です。
器材が欲しい方は

講習を担当してインストラクターが数あるダイビング器材メーカーの中から、あなたにあった器材をオススメさせていただております。ご興味のある方はインストラクターにご相談ください。
販売する器材もちょっとこだわっています。「何十年経っても かっこいいものを!!」です。