ダイビングを始めるにあたって、大事なダイビングの知識を身につけるためにちょっとしたコツです。

是非、参考にしてください。

最初にすることは
1.教材の確認

OWDマニュアル

マニュアル

各ページにある練習問題を解答し、

各章の最後にある知識の復習を全て記入してきてください。

OWDDVD

DVD

知識の復習の記入を始める前に見ることで、より理解が深まります。

ご飯を食べながらのんびり見るのもいいかも。

ダイビングってどんな感じなの!?
というのが映像で見られます。

log

ポケットログブック&

トレーニングレコード

表紙をめくって最初のページに

お名前を記入

してください。

講習中、インストラクターが集めてサインをします。

渡し間違えのないようにです。

RDP

ダイブテーブル(RDP)

ダイビングをすると体に「窒素」が溶け込みます。

(詳しくは学科4章&5章内で解説されます)
その窒素量を計算するのがこの板です。

正式名がRDP(レクリエーショナル・ダイブ・プラナー)

と呼びます。

RDP

ダイブプランニング

レート

プール講習と海洋実習で使用しますので、忘れないようにしましょう

 

2.学科の進め方

①DVDを1章分を見る

②その章の復習問題の1番の問を見る

③マニュアルの中から答えを探す

④次の問題を見る

⑤マニュアルから答えを探す

④と⑤を繰り返す

⑥2章以降も①〜⑤を繰り返す

⑦4章&5章で出てくるRDPに関する問題は

RDP説明書を読んで練習問題をやってから答える


以上が基本的な進め方になります。

◆DVDを見ながら随時停止をして答えを記入していく。

◆マニュアルを1度全て読んでからDVDを見て、復習問題をする。

などの方法もあります。

 

ご自分に合った手順でやっていきましょう!

 

RDPのヒント

左の画像の赤丸内を見てください。

RDPの一般的なルールが記載されています。

このルール関連の問題は出るかも!?

左の画像の赤丸内を見てください。

ダイビングを行った際に必要になる、飛行機搭乗のルール、注意事項、緊急時の対応などが書かれています。

どんな内容のものか1度眼を通してください。