八丈島(はちじょうじま)
ポイント説明 黒潮と溶岩の島が作り出す海の青を八丈島では「八丈ブルー」という。八丈島の海は、澄み切った藍色、ダイビングポイントは、島の周り全て(約70km)です。島の北側は、最後に噴火してから400年位の新しい海底で、浸食は少なくアーチが点在し、溶岩が流れて固まった様子を見ることができます。南側のポイントは噴火してから何万年もたち、海底は浸食が進み固い岩盤だけが残ったダイナミックな地形で、生き物たちは残った岩盤に集まり、1ヶ所で多くの生物を観察することができます。
ポイント名&ダイビングスタイル

↓ビーチポイント↓
ナズマド→八丈島人気NNO.1。エントリーしたらいきなり外洋のため、潮あたりがよく、魚影が濃いポイントだらこそ、ニタリ・ハンマーヘッド・回遊魚からマクロ生物まで見ることができます。ユウゼン玉が見れるのもこのポイント。何回潜っても飽きのこないスポット!
八重根港→静かな湾内から水路を通って湾外に出ると、起伏に飛んでいる地形が続きます。沖には10人ほど横に並んで通れる大きなアーチが。沖では、カメ・カンパチ・ムロアジにも遭遇でき、地形好き小物好きな人には人気のポイント!
底土→防波堤とテトラポットの間を抜けて進むと3つ又のアーチがあります。アーチにはテングダイ・レンテンヤッコ・サザナミヤッコ・アカヒメジなどが群れており、時にはカメ・ニザダイの大群に出会えることも。じっくりダイビングしたい人にオススメ!
お千代が浜→右側には大きな洞窟があり、イセエビ・タテジマキンチャクダイ・アカエイ・ハナミノカサゴ・ウミウシがたくさん見ることが!左側は、切り立った根と根の間、水路を進むとクマノミのコロニー・カメ・ナメモンガラ群れ、沖に進むとドロップオフになっていて、回遊魚やツバメウオの群れを見ることが!
休憩所下→エントリーしてすぐにトンネルがあり、この青い光が差し込むのを見てまず感動することでしょう。起伏に飛んでいる地形の先には、クマノミのコロニー・サザナミヤッコ・アジアコショウダなど。砂地にはアカエイが居てさらに進むと洞窟もある変化のある。
↓ボートポイント↓
イザテリ→最大の見所は五つ又の八丈島でも最大規模のアーチ。その下にはたくさんの生物が着いている。その他にも小規模のアーチがあり地形派ダイバーを唸らせる。比較的コンディションが安定しているため初心者からでも楽しめることが多い。また、潮あたりがいいときはイソマグロ等の大型の回遊魚との遭遇も期待できる。
長崎→八重根港より僅か5分内で着く。水中は巨大な根が幾重にも重ねるように砂地に沿って展開している。地形そのものも楽しめるが、最大の見所は水深30m付近にいるテングダイの群れ。多いときには50匹ほどになる。また、ツバメウオが群をなしている事もある。

八丈小島→ 黒潮の流れをダイレクトに受けるため潮通しが良い。そのため魚影が濃く大型の回遊魚の目撃も多い。根と浅根の間は渓谷状になっており、巨大なイソバナが見るものを圧倒する。※1

ツアーの様子 2013年11月16〜18日 動画
参加資格 アドバンスダイバー以上
※2のポイント.経験本数75ダイブ以上(経験本数の条件を満たしていましてもスタッフの判断によりお申込みをお断りすることがございます。)
ツアー可能内容 宿泊ツアー ※ナイトダイビングはできます。ご相談ください。
ツアー料金
  料金に含むもの 料金
2泊2日 ダイビングガイド料・東京〜八丈島往復乗船料・3ビーチ・施設利用料・タンクウエイトレンタル料・宿泊代(2食付き)・レンタカー代・1ランチ

¥69,800〜

¥89,800

※ご予約の最終締め切りは14日前となっております。

3名様以上でツアーを開催いたします。

オプション内容 オプション料金
追加1ビーチダイビング ¥5,500
追加1ボートダイビング ¥7,700
追加1ビートナイトダイビング ¥7,700
追加八丈小島1ボートダイビング ※参加条件付き ¥8,800
往路特2等から2等へ船室ランクダウン ▲¥6,000
復路2等から特2等へ船室ランクアップ ¥6,000
復路大型客船からジェット船へ変更 ¥6,000
往復船から飛行機へ変更

¥5,000

¥35,000

使用できるタンク スチール10L

 

八丈島1 八丈島2 八丈島3

  

Kona Winds<コナウィンズ>Facebookページ 「いいね!」ボタンを押してね

 

 

 ダイバーローン