初島(はつしま)
ポイント説明 周囲4キロの島で、伊豆観光地としてポピュラーな存在。屋内プールやテニスコート、植物園、展望温泉もあるリゾート施設。初島バケーションランドがあり、特に夏場は多くのファミリーやカップルでにぎわいをみせる。ダイバーは熱海港から船を利用し、所要時間は23分で到着。初島は緑豊かで車などの音も少ない島特有の雰囲気を味わえる。そのため、1年中ダイバーが絶えない。
ポイント名&ダイビングスタイル

↓ビーチポイント↓
フタツネ→エントリー&エキジットはスロープがあるため、誰でも楽に。アジやタカベの群れ、水温が下がるとサメ類が頻繁に目撃され るワイドな一面を持つ一方、通年水深16mぐらいにジョーフィッシュをみることもできるなどのマクロも充実。初夏のアオリイカの産卵は圧巻だ。
ニシマト→ダイビングサービスからみると島の裏側にあたるポイント。タイヤ漁礁周辺ではイナダやタカベの群れが見られ、カエルアンコウやタツノオトシゴなどもよく見つかっている。
ヤンバタ→エントリーはしばらく続くゴロタのため、少し大変だがそれを越えると、水深15~18mに白い砂地が広がっている。ところどころにゴロタがあり、”日本庭園”と呼ばれるほど美しい。
イサキネ→オレンジ色の派手なオノミチキサンゴがある周辺の岩は、ソフトコーラルでびっしり覆われている。カンパチなどの大型回遊魚も来るため、ワイドに楽しめる。サメ類やエイ類をよく見ることができる。※1

やぐら2.5→7〜11月の限定ポイント。1度でも潜ったことがあればこのポイントに魅了されること間違いなし。2基の祭り櫓のような構造物に無数の魚たちが集まる、伊豆屈指の豪快ポイント。櫓の周囲にはタカベ、アジ、イサキ、ネンブツダイなどがぐっちゃりと群れており、ワラサやカンパチの群れも登場。さらにはトビエイの群れやウミガメ、なんとニタリ(オナガザメ)まで姿を現したことも。ただし沖合200mほどに位置するため、潮の流れが速く、水深も深いので注意が必要。※1

ツアーの様子

2014年09月15日

2014年07年13日 動画

2014年01月18〜19日 動画

2013年10月13日 動画

2012年12月25日 動画

2012年10月28日 動画

2012年10月07日 動画

参加資格

オープンウォーターダイバー以上

※1のポイント→アドバンスダイバー以上、経験本数100ダイブ以上(経験本数の条件を満たしていましてもスタッフの判断によりお申込みをお断りすることがございます。)

ツアー可能内容 日帰り・宿泊・前泊ツアー ※ナイトダイビングはできません。
ツアー料金
  メンバー価格 一般メンバー価格

日帰りツアー

(ビーチ)

¥22,270 ¥24,750

宿泊ツアー

(4ビーチ)

日帰りツアー(ビーチ)金額に宿泊代¥11,000+2ビーチ代11,000 日帰りツアー(ビーチ)金額に宿泊代¥11,000+2ビーチ代11,000

前泊ツアー

(ビーチ)

日帰りツアー(ボート)金額に前泊代¥6,600 日帰りツアー(ボート)金額に前泊代¥6,600

1ビーチ¥5,500 1泊2食付¥11,000 前泊朝食付き¥6,600

使用できるタンク アルミ10L

初島1 初島2 初島3

  

Kona Winds<コナウィンズ>Facebookページ 「いいね!」ボタンを押してね

 

 

 ダイバーローン