三宅島(みやけじま)
ポイント説明 黒潮の恩恵を多いに受ける三宅島は、サンゴの群生や熱帯性の魚類や大型の回遊魚・ウミガメ・色とりどりのウミウシなど様々な生物を観察することができます。また、三宅島の水中景観は複雑でアーチやドロップオフ、岩場、砂地で構成されていますのでお好みのダイビングスタイルに合わせる事ができます。
ポイント名&ダイビングスタイル

↓ビーチポイント↓

大久保浜→三宅島でも人気No.1ポイント。砂利浜からのエントリー。砂地とドロップオフ。ダイバーに人気のマクロ生物の宝庫。アオリイカ・ハナイカ・ウミガメ・キンチャクガニ・イロカエルアンコウ・ミヤケテグリ・フリソデエビなど多種多様な三宅島の生物を見ることができる。
学校下→ゴロタ石からのエントリー。ドロップオフになっていて高い確率で回遊魚に出会えます。カンパチ・シマアジ・タカベなどが多く、マクロもハナゴンベ・クダゴンベ・ハタタテハゼなどを見ることも。
↓ボートポイント↓

カタン崎→魚影の濃さは圧巻。伊ヶ谷沖合い水深18m辺りからドロップオフになり30mまで落ち込む。トサカ・ウミウチワなどが見事の一言。カンパチ・ヒラマサなどの回遊魚もしばしば現れる。とにかく魚の多さと大きさには驚いて言葉を失うほどだ!

メガネ岩→6月・10月の 限定ポイント。阿古港よりすぐの場所にありながら3つの非常に大きいアーチがメガネのようになっているのが見所。さらに年に数回しか入らないので魚影も非常に濃い。

三本岳→三宅島の南西にある岩礁。潮の流れをまともに受け、根と根の間で複雑な流れに変わり、流れも強くなる。回遊魚はもちろんハンマーヘッドシャークなどの遭遇率も高く、時にはカツオの群れに遭遇することもある。天然記念物の「カンムリウミスズメ」の生息地としても有名。※1

三宅島への行き方

22時ごろ発の船で行きます。

夜間の船中泊を少しでも快適に過ごして頂けるよう、カーテンで1人づつ区切られた特2等船室をオススメしています。

深夜騒がしい団体や、2等の雑魚寝が気になる方にもゆっくりおくつろぎ頂き、翌日に備えてしっかり体を休めて頂きたいと考えています。

 

2等和室や2等リクライニング席も手配出来ます。ご希望の方はお問い合わせください。

             

        ↑2等和室↑             ↑2等リクライニング↑  

ツアーの様子  
参加資格

アドバンスダイバー以上

※1のポイント→経験本数100ダイブ以上(経験本数の条件を満たしていましてもスタッフの判断によりお申込みをお断りすることがございます。)

ツアー可能内容 宿泊ツアー ※ナイトダイビングはできます。ご相談ください。
ツアー料金
  料金に含むもの 料金
2泊2日 ダイビングガイド料・東京〜三宅島往復乗船料・3ビーチ・施設利用料・タンクウエイトレンタル料・早朝仮眠代・宿泊代(2食付き)・レンタカー代・1ランチ

¥63,000〜

¥79,800

※ご予約の最終締め切りは10日前となっております。

3名様以上でツアーを開催いたします。

オプション内容 オプション料金
追加1ビーチダイビング ¥5,500
追加1ボートダイビング ¥7,700
追加1ビートナイトダイビング ¥7,700
追加三本岳1ボートダイビング ※参加条件付き ¥8,800

ドルフィンスイム練習会(当日現地にて) 

事前の練習会に参加出来ない方で、御蔵島ドルフィンスイムが初めての方は必須

※状況により開催出来ない場合もございます。不安な方は必ず事前に練習しておきましょう!

¥3,300

追加ドルフィンスイム

※状況により開催出来ない場合もございます。不安な方は必ず事前に練習しておきましょう!

¥9,900
往路特2等から2等へ船室ランクダウン ▲¥5,000
復路2等から特2等へ船室ランクアップ ¥5,000
使用できるタンク スチール10L・スチール12L

 

三宅島1 三宅島2 三宅島3

  

Kona Winds<コナウィンズ>Facebookページ 「いいね!」ボタンを押してね

 

 

 ダイバーローン